language 日本語 English 简体中文

アジア太平洋地域の経済見通し:変化する不確実性

英日同時通訳をご用意しております

アジア太平洋地域経済における変化する多くの不確実性と、それらが2023年の見通しにどう影響するかについて、Steve Cochrane、Katrina Ell、およびStefan Angrickが解説します。ぜひ奮ってご参加ください。 


主なトピック:

  • 域外の環境の悪化、高インフレ、および金融引き締めにより、アジア太平洋地域の信頼感は損なわれている。
  • 欧州および北米をはじめとする世界的な見通しの変化により、アジア太平洋地域の成長における輸出の役割は限定的となるとみられる。
  • ゼロコロナ政策や不動産市場の調整が、中国経済の足かせとなっている。継続的な景気刺激策により、2023年には内需の改善が見込まれることが、ある程度の安心材料となろう。
  • 新興市場は圧力にさらされ、通貨の動向は米ドル高を反映しているものの、アジアでは各国固有の違いが存在する。



  • Speakers keyboard_arrow_down
    image
    Steve Cochrane Chief APAC Economist Moody's Analytics BIO
    image
    Katrina Ell Senior Economist Moody’s Analytics BIO
    image
    Stefan Angrick シニアエコノミスト ムーディーズ・アナリティックス・ジャパン BIO
Register to Watch.