language 日本語 English

Japan Economic Outlook: Stumbling Towards Recovery

日本経済は回復しつつありますが、リスクがなくなったとは言えません。日本のGDPは未だパンデミック前のレベルを下回っていますが、財政・金融政策の下支え、高いワクチン接種率とサプライチェーンの回復状況に鑑みるに、2022年の日本経済は回復する可能性が高いでしょう。また、私たちの見解では、新型コロナウィルスの感染拡大やサプライチェーン問題は経済の回復を遅らせることはあっても、大きな妨げになることはないと考えています。


今回のウェビナーでは、ムーディーズ・アナリティックスの日本のシニアエコノミストStefan Angrick博士とチーフAPACエコノミストSteve Cochrane博士が今後の日本経済について考察しました。ぜひ録画版をご視聴ください。

※本ウェビナーは英語での開催となり、こちらは日本語同時通訳版です。英語での視聴をご希望の方は画面上部のEnglishをお選びください。


トピック

  1. 2022年の日本経済に期待するもの
  2. 新型コロナウィルスの影響と経済回復
  3. サプライチェーンの混乱と貿易
  4. インフレ、為替レート、政策の見通し
  5. 地域的および世界的な見通し
Register to Watch.