language 日本語 English

「黒田総裁後」の日銀

本ウェビナーは終了しました。ご登録の上録画版をご視聴ください

///

日銀の黒田総裁が2023年4月に任期を迎えます。市場の関心は、次期総裁下における金融政策の見通しに向けられています。日銀は他の中央銀行にならい、金融引き締め政策に移行するのか?あるいは現状維持の可能性が高いのか?


当ウェビナーでは、ムーディーズ・アナリティックスのシニアエコノミストStefan Angrickが、みずほリサーチ&テクノロジーズ、エグゼクティブエコノミストの門間 一夫 氏と共に、日本の金融政策の見通しについて解説します。元日本銀行理事の門間氏は、本邦最高峰のエコノミストの一人で、金融政策の第一人者です。ぜひ、奮ってご参加ください。


トピックス:

  • 2023年以降、日本の金融政策はどうなるのか?
  • マイナス金利政策とイールドカーブ・コントロールの行方
  • インフレと円に対する影響
  • 日本の経済と賃金の成長見通し
  • 世界経済を取り巻く環境


  • Speakers keyboard_arrow_down
    image
    門間 一夫 みずほリサーチ&テクノロジーズ エグゼクティブエコノミスト BIO
    image
    Stefan Angrick シニアエコノミスト ムーディーズ・アナリティックス・ジャパン BIO
Register to Watch.