CLO市場の2021年の振り返りとその新潮流

本ウェビナーは終了しました。ご登録の上、録画版をご視聴ください。

///

ムーディーズ・アナリティックスでは、『CLO市場の2021年の振り返りとその新潮流』と題したウェビナーを開催いたします。

新型コロナウイルスの感染拡大にも関わらず、2021年の海外CLOの発行市場は大変活発でした。またCLO市場、案件や裏付資産データのデジタルトランスフォーメーション(DX)も市場の拡大に歩調を合わせ加速し、日進月歩の1年でした。
今回のウェビナーでは、日本のCLO投資家においてデファクト・スタンダード・ツールであるムーディーズ・アナリティックスのStructured Finance Portalの新機能をご紹介するとともに、ナティクシス日本証券から専門家をお迎えし、2021年の振り返りと市場の関心の高い話題を深掘りしていきます。
 
 前半のセッションではStructured Finance Portalのユーザーの方のみならず、非ユーザーの方もCLOデータのデジタルシフトや進化するDXの新しいトレンド、知見を得ることができるでしょう。また後半はナティクシス社が得意とする米国中小企業CLOにも触れていきます。インタラクティブなQ&Aセッションもご用意しておりますので、奮ってご参加ください。


  • Speakers keyboard_arrow_down
    image
    伊吹 拓 ムーディーズ・アナリティックス ディレクター BIO
    image
    斉藤 弘司 ムーディーズ・アナリティックス アシスタントディレクター BIO
    松剛
    松井 剛 氏 ナティクシス日本証券 金融商品開発部長 マネージングディレクター BIO
Register to Watch.